About Artokata

はじめに

活動における考え方

web上のコンテンツが増加すれば、それだけ見ていただけるページ数が多くなります。 そこから広告収入を得ることで、たくさんの支援金を確保できます。 確保した支援金を、作品展示会や、個展、ワークショップなどの無料開催に使います。 また、私たちはこれからの時代に合わせ、webからも作品を提供する場を構築いたします。 それらの場を運用するためにも、現状では大きな費用が必要となっています。

今までは

特定のだれかが優遇され、セルフプロデュースの大きさにより格差が生じていました。

これからは

複数のコンテンツが平等に閲覧され、皆が平等に利益を得る仕組みが必要です。

このしくみは、COVID-19の経済的な特効薬にもなります。
私たちは時代に合わせて、仕組みを改善し、過去のやり方に振り回されない勇気を持たなければなりません。
artokataは芸術に特化した、新しい仕組みのモデルケースを目指していきます。

webコンテンツの有用性

集まった資金を芸術家の広告活動や、作品販売イベントの無料開催などに使用し、WEBコンテンツとリアルの世界を結び、芸術を求める側と提供する側をマッチングする懸け橋になるような活動を行っています。

また、開催中のweb美術館に対し、集中的に広告活動を行うことで、閲覧者がカテゴライズされたコンテンツにたどり着きやすくなるような導線の役割も果たします。

ウェブ美術館

最終的にすべての絵を閲覧することができますが、選んだ作品に近いものを表示するような仕組みを取り入れています。

また、すべての作品の閲覧数が平等になるように作品を選び、そこに広告費をかけることで多くの芸術家が広告の恩恵を受けることができます。

web美術館へ

作品販売イベントを主催 準備中

芸術家が作品販売を無料で行うことができるように、個展や、ワークショップ、展示会などを開催します。作品展示が活発になることで、場を提供してくださる方々にも協力することができます。

ウェブ個展 開発中

ノーコードでウェブコンテンツを簡単に作成できるようなアプリケーションを構築します。また、オンラインゲームのような仮想世界で、リアルタイムに作品販売を行うこともできます。